PROFILE

中川 瞬

1983年生
長野県出身


高校在学中、長野県諏訪市のセレクトショップにてTシャツのみ扱うインディーズブランド”fault”を開始。
高校卒業後、市毛綾乃と共にbanalchicbizarreを立ち上げる。
様々なセレクトショップでの取り扱いを経て、2005年に直営店“ADDtokyo”を原宿にオープン。
その後大阪店、長野店を出店し、2008年には東京コレクション会期中にショー形式でコレクション発表開始。
同年、自社出版でファッション誌“√”を発行。翌年には√と連動したショップ”THE FORCE”を福岡に出店。
2010年、EMPERART名義で合同ゲリラショーをCANDYにて開催。
2012年、現NONTOKYOデザイナー、市毛綾乃の脱退を機にbanalchicbizarreデザイナーに就任。2013春夏から全てのアイテムのデザインを担当する。
ショー以外の表現方法を求めて2014春夏コレクションを雑誌“TUNE”にて発表。2014年3月より“TUNE”編集長に就任した。
2015秋冬は再びランウェイショーでの発表をし、2016春夏はアーティスト”きるみ”と組み、絵によるコレクション発表を行った。



にこさん

少し前の話になりますが、今期でバナルを脱退した市毛さんに会いに水戸へ行ってきました。

仕事の事ではなく、お目当ては娘のにこさんと遊ぶこと。

で、市毛家近くの公園へ。

まずは黒鳥親子がお出迎え。

IMG_5698

 

にこさんは最近歩いたり走ったりできるようになったのでとりあえず原っぱで歩かせてみました。

IMG_5713

一人で嬉しそうに歩き回ってます。

IMG_5710

まだまだ歩きます。

IMG_5704

全く飽きる気配がないです。

子供って可愛いですね。

 

市毛さんは来期から新しくブランドを立ち上げる事になりました。

バナルとは全く別でやるのでADDにも取扱いは無いですが、個人的に応援していこうと思います。

なんせ10年以上一緒に仕事してきましたから…

 

レディースコレクションの発表が1シーズン伸びたので、来期のレディースコレクションが市毛さんのバナルでのラストコレクションになります。

バナルでのラストコレクションと新しいブランドのデビューコレクションが同じシーズンになるのはなかなか無い事だと思うので、比較してみても良いかもですね。

バナルの方は映像作品で、めちゃくちゃ気合い入ってるので今から発表が楽しみです。(僕もまだ見てないので。。。)

また詳細がわかってきたらお知らせします。

 

では。



昨日の私服と靴

明日発売されるこのTシャツをややフライングして購入しました。

早速着用。

IMG_7105

色んなカラーリングがあるので、これ以外にマスタードxホワイトxブルーも購入しました。

真ん中のメッシュ部分が風を通してくれて夏でもきっと快適です。

ちなみにショーツはNo22のナイロンショーツ、靴はグリーンカモのデッキシューズです。

デッキシューズは紐替えて履いてます。

IMG_5816

夏はこの靴が活躍しそうです。

 

では。

 

 



個人オーダーその3

6-005

今回は前置きなく前回の続きを。

バナルでは初めて本格的に作ったデニムパンツ。

形はややワイドめのストレートです。

セルビッチ仕様なので折り返して履くことを想定してます。

今の気分はかなり太めに折り返してクロップド丈で穿く感じ。(10cmくらいですかね)

素足でも良いし、無地かボーダーの靴下でも良いと思います。

ステッチは白のステッチはわざわざ工場を変えて0番手(太い糸)で。

ボタンはオリジナルです。

ノンウォッシュなので一回洗うだけで風合い変わります。

パリッとしたのが好きな方は極力洗わない事をオススメします。

僕もしばらく糊のついた感じを楽しんでから洗おうと思ってます。

Tシャツ一枚でサマになるような風貌は持ち合わせてないので、マウンテンパーカーや白シャツに合わせようと思ってます。

 

次です。

6-006

先程のデニムの加工タイプ。

こちらは僕が穿き古したデニムを参考にエイジング加工してもらいしました。

とてもリアルに再現できているので、これが届いたらこちらに乗り換えます。

ノンウォッシュタイプで目立ってた白のステッチがこちらでは自然と馴染んで見えます。

こちらのタイプはカチッとしたジャケットや白のポケTとかと合せる予定。

加工の有り無しで穿き方も変えたいので、こちらのタイプは少し細めに折り返して履きたいと思ってます。

 

次です。

6-008

こちらもバナル初の試み。

グッドイヤーウェルト製法を用いた革靴です。

接着剤は一切使用せず熟練の職人さんが糸のみで作り上げます。

ソールの交換も可能になるので長く付き合うことが出来ます。

価格はやはり高くなりますが、日割りで考えれば決して高くない買い物だと僕は思います。

ソールにはビブラムソールを採用したのでなかなか擦り減らないと思います。

山登り用ではなく、あくまでタウンユースなので綺麗に履きながら馴染ませてほしい一品。

ヒール高4cmなので背も高く見えます。

これは何にでも合うのでデニムでもスラックスでもショーツでも何でも合せます。

ネイビーのサイズMをオーダーしてます。

黒は財布と相談です。笑

 

では。



個人オーダーその2

個人オーダー6月デリバリー編です。

6月はオーダーアイテム多いので2回に分けます。

 

まずこちら。

6-001

オリジナルのスウェットに手刷りプリントしてます。

丈を若干短くし、襟ぐりは少し広めにデザインしてあります。

セットアップで着て靴下や腕まわりでバランスをとろうと思いますが、一枚でもスッキリ着れる万能サイズなのでデニムPTなどとサクッと合せても良いです。

ブラックプリントを購入しました。

 

つぎはこれ。

6-002

先程のスウェットのショーツバージョン。

部屋着でもいけます。

重複しますが、セットアップで着ます。

ブラックプリントをオーダー。

 

次です。

6-003

襟に特殊素材を使用したシャツ。

本来バスなどのシートに使用される素材を襟に使いました。

裾も特徴的なカッティングで大胆にラウンドしており、裾を出しててもだらしなく見えないシルエットです。

デニムにも合せられる事を考慮して作りました。

デニムにもスラックスにも合せるつもりです。

襟が主張強いのでノータイで。

左のパープルのタイプをオーダー。

 

本日はここまで。

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



個人オーダーその1

本日は個人オーダーしたものの解説を。

デリバリー順に数日に分けて紹介します。

 

まずはこれ。

5-002

実はこのアイテム、最初は袖にリブが付いてない状態で上がってきたのですが、その際に洗濯実験をしたところ生地が伸び過ぎるということで後からリブを付け足したある意味リメイクアイテムなんです。

で、今度はリブを付けた状態で着用実験をするという事で僕とパタンナーで日常的に着ていたのですが、これがかなり良い感じのルーズなシルエットになりまして、実験終了後の今でも頻繁に着用しています。(今日も着てます)

黒、ベージュの2色購入です。(ベージュはアイボリーと言った方が伝わる色ですが、このデータを作っている時にアイボリーというネーミングの引き出しが無かったので表記がベージュになってしまいました…)

 

次はこれ。

5-004

これも着用実験でデリバリーより早い時期から着用していたアイテムです。

僕は綿入りのヘアバンドが似合わなくて持ってなかったのですが、こちらのタイプはしっくりきてます。(好みの問題ですね)

タグは真横に近い位置、前髪は出さない、後ろはグシュッと幅を狭めるのが鉄の掟。

黒、オレンジ、グリーンを購入。

黒以上にオレンジの使用回数が多いです。

 

次はまた後日。

では。



Page 1 of 11