rootwebmagazine teitter root web magazine facebook
  • ルートウェブマガジンフォーカス
  • ルートウェブマガジンブログ
  • ルートマガジン

√Relation
人から人へ繋がるリレー形式のインタビュー。
ここではデザイナーやバイヤー、ショップスタッフ等から繋がり、インタビュイーのルーツやバックグラウンド等を紹介。

√ Relation vol.0008  イリエ タイ

2011.02.25 update

JUVENILE HALL ROLLCALL   Designer イリエ タイ
(ジュヴェナイルホールロールコール)

・現在に至るまでの経緯

大学卒業後   アパレルメーカーにて販売〜企画生産を経験する
2002年より JUVENILE HALL ROLLCALL(ジュヴェナイルホールロールコール)を立ち上げ現在に至る

・印象に残っている作品や出来事、仕事はありますか?

" Rape Me, "   2007 S/S HIRO とはじめてコラボレーションした ルームス(ROOMS)での INSTALLATION
" Her Majesty "  2009 S/S 深夜3時から日中14時までの撮影 http://www.juvenilehallrollcall.com/archive/2009ss/

・デザイナーという職業に対する魅力は何ですか?

近未来(半年〜1年先)を想像することができること ...FUTURIST(?)

・ デザインをする上で、インスピレーションを受けるもの等はありますか?

日常生活のさまざまな出来事 , 世間話

・今注目している事

長年乗っているバイクを乗り換えるかどうか悩んでいます...

やっぱりタダモノじゃない。見習わないといけません。
http://www.youtube.com/watch?v=oIzPi4JcJ84&feature=player_embedded

・今後予定している活動

いくつかのプロジェクトへの参加
2011-2012 A/W 展示会(4/19~)

・自身のルーツやバックグラウンドとなったものはなんですか?

CdG UNDERCOVER 
POST PUNK/NEW WAVE GERMAN ROCK MPB/BRAZILIAN OLD〜MIDDLE SCHOOL HIPHOP
NOISE INDUSTRIAL TECHNO CLICK/GLITCH DRONE...
東/西部戦線 または大東亜戦争(太平洋戦争)における戦史/軍記を読むことや 
第三帝国(ナチスドイツ)陸軍 大日本帝国海軍の兵器への興味は尽きる事がありません。

・この職業を目指す上で重要なことを教えていただけますか?

誰のため(何のため)のデザインか 自問自答(試行錯誤)し続けること

・紹介者のTEPPEI氏について

知り合った当時 僕は彼のことを全く知りませんでした。
ただ洋服に対してすごく真摯な姿勢だったのが印象に残っています。
その後 一緒に仕事するようになってからというもの(彼の仕事においてとても重要なことだと思うのですが)
いつも色彩感覚とバランスに驚かされます。
そして意外にも繊細で緻密。
あと彼自身は表には出しませんが紳士服の作法やなんかも知っているようです。
だから外見とギャップがあって 正直「ずるいな...」って(笑) もちろんとてもいい意味で。

・次に紹介する人と、その人について

MACARONIC 青木貴志 

最初に会ったのは5~6年前 
渋谷の居酒屋で ANREALAGE 森永くんの紹介でした。
スタイリストで洋服作ってるって聞いていたから、 
最初ちょっと身構えたんだけど全く必要なかった。

しょっちゅう会っているわけでもないし
泥酔するまで呑んで語り合ったりしていない。
(そもそも僕は呑めないし...)

年齢差はあるのに 同級生と会うような
不思議とリラックスした気分で会える奴
これからも よろしく

そういえばシャツ貸したままになってねーか?(業務連絡)

 

←vol.0007へ

vol.0009へ→

Relation archives

リレーションイリエタイ

リレーションイリエタイ

リレーションイリエタイ


JUVENILE HALL ROLLCALL 
2011S/S ビジュアルより
Designer Tai Irie
styling by TEPPEI
Retouch Work by YOSHIROTTEN

イリエ タイ

大学卒業後、アパレルメーカーに販売員として入社
その後、アトリエスタッフとして勤務し、生産・企画を経験
同社を退社後ロンドンで1年間程滞在し、帰国後 別のアパレルメーカーに入社
企画生産を担当する
退社後、2002年に自身のブランド "JUVENILE HALL ROLLCALL"を立ち上げる

JUVENILE HALL ROLLCALL 

Concept

The item of this brand, ambiguous, uncertain sense cast into shape of clothes,
which various knowledge and experiences are added to, is simple but contains elements of punk.
It expresses freewheeling thinking and a unique view of the world, without sticking to existing styles or background.

僕たちが買う商品には、これは何をするんだかわからない変なところが含まれている商品なんてない。
100%矛盾なく、設計しようという意志によりつくられたもの。間違いは許さない、曖昧なことを許さないというものたちばかり。
でも僕なんかがつくるものは、曖昧なことを許しちゃうし、多義的なもの。
作者の意識と離れた無意識に何か意味をもってくる。
いやむしろ、曖昧なところをいかに取り込むかという作業をしているわけだから。正反対。

URL : http://www.juvenilehallrollcall.com/