rootwebmagazine teitter root web magazine facebook
  • ルートウェブマガジンフォーカス
  • ルートウェブマガジンブログ
  • ルートマガジン

√Relation
人から人へ繋がるリレー形式のインタビュー。
ここではデザイナーやバイヤー、クリエーター、ショップスタッフ等から繋がり、インタビュイーのルーツやバックグラウンド等を紹介。

G.V.G.V.恩田陽

√ Relation vol.0030 Tatsuya Shimada

  2013.01.06 update

Stylist Tatsuya Shimada

・現在に至るまでの経緯

バンタンという専門学校を卒業後、少ししてからSHUN WATANABE氏に師事。
当時、PUBLIC IMAGEというブランドの東京コレクションの演出家だった辻井さんのアシスタントをしていた専門時代の友達で萩原良太というのがいて、彼が「今回のショーでSUHNさんがスタイリングをするのだけど、手伝いに来れない?」というのが最初のきっかけでした。
師匠のスタイリングをcommons&senseで見ていて、この人のアシスタントしたいなぁと思っていたので、とても良いタイミングでした。
何回かお手伝いさせてもらって、そのまま専属のアシスタントとして働く事に。
アシスタントを始めて一年ちょっとしてからVOGUE HOMMES JAPANが創刊されて、編集アシスタント的な事も少しやらさせて頂きました。
素晴らしい雑誌を作る過程に関われた事は良い経験になり、とても勉強になりました。
7号目あたりから物撮りの撮影でスタイリストとして参加しています。2012/9/10に出た9号目で休刊になってしまったのはとても残念ですが。。。
アシスタント始めて三年くらいしてから、徐々に自分の仕事もするようになりました。
アシスタントも自分の仕事も両方やりながら、今現在に至ります。
そして今年いっぱいで完全に独立し、2013年からフリーのスタイリストで活動する予定です。

・スタイリングの際に意識していることはありますか?

スタイリングする対象によって視点がバラバラなんで一概には言えないですが、、、
その時の気分を感じ取ってそれに自分の好きなテイストを少し混ぜたり、自分にこれ本当にいい感じ?
と自分に聞いて良いと思ったら良いって事にしています。
常にフレッシュな気分でいる事で良い物が生まれると思っています。

・ご自身の職業の魅力はなんですか?

同じ事が無いって事だと思います。
シーズンもどんどん変わって行くし同じ仕事でも全く同じ事をするって事が無いので、毎回楽しくやっています。
あとは一人では出来ないって事だと思います。

・現在までで手掛けた作品や出来事で印象に残っているものはありますか?

今までやった仕事は全て印象的ですが、mameのLOOK BOOKの撮影は毎回印象的で楽しいです。
2011s/sのファーストシーズンから今回の2013s/sで5シーズン目。
写真は毎回ハスイモトヒコさんが撮っていて、大自然のロケーションの中で力強く繊細なmameの服とのコントラストがとても素敵です。
今シーズンは公園内で全30カットを違う場所で撮影しました。スタジオで普通にルックブックを撮るでもなく、
それでもちゃんと服の着たイメージが分かるというルックブックとしての機能も果たしているのが面白いと思います。
先シーズンの雪山はまるで合成かのような仕上がりで面白いです。途中で雨が降ってきて、それがいい感じにバックグランドの雪を溶かしていて、
最初のカットと最後のカットで同じ場所でも少しづつ変化しています。
ハスイさんとはこの撮影で出会って、家も近所で仲が良いので、今回のトップのポートレートの写真も無理言って撮って頂きました。

・今現在、注目している事

MEZLAD PSYZYEというブランド。
元MeMe's ParkのYOUが始めたブランドで2013s/sで2シーズン目。(http://www.mezladpsyzye.com
まだまだ荒削りですが、感覚が同じ人が作ってるから凄く好きになれる。
もっともっと型数増やしてもっと色んなアイテム見たいなって思います。

・今後予定している活動

これといって予定はありませんが、来年はぐいぐい色々やりたいなって思っています。

・現在まで活動してきた中で辛かったエピソード、ハッピーなエピソードはありますか?

いつも今がとても好きなので、辛かった事も含めて全部ハッピーだったと思います。
もっともっとこれから楽しくなっていけるように頑張りたいです。

・普段はどのような服装をしていますか?

同世代の友達がやっているブランドの服を着るのが好きです。 それ以外のブランドだとギャルソンとアンダーカバー。
お店だとA STORE ROBOT、O 代官山。 セディショナリーズをパロった物とか凄く好きです。
あとモヘアのセーターと黒いクリーパーシューズ。

・スタイリストとして活動していく上で最も大切にしていることはなんですか?

どんな仕事でもしっかり丁寧にやる事。
それと、色々な人の手助けが無いと出来ない仕事なので感謝の気持ちを忘れない事。

・自身にとってスタイリストとは?

スタイルを作って、少しだけ先に行き、新しいものを作り出して行く事。
あんまりうまく言えないですね。。

・自身のルーツや、バックグラウンドとなった物はなんですか?

音楽だと思います。 父がライブのPAをやっていて、小さい時によく父が仕事をしている現場に連れてかれました。
昔、電気グルーヴとかもやっていて、その時行ったライブで隣の席のお姉さんが狂ったように踊ってたのは今でも鮮明に覚えています。
その時は謎で仕方ありませんでしたが、大人になってやっと理解できました。笑
中学生~専門学校くらいまでギターをやっていて、バンドもやっていました。
最初はNOFXあたりのメロコアが凄く好きでFATレコード系の音楽を聞いていたのですが、CASUALTIESというバンドに出会ってから70sの初期PUNKを聞き出し、80sのハードコア、oi系、NYのシーン、スターリンやイヌなどの日本のPUNK。。。
とにかく70s~90sのPUNK周辺の音楽色々を聞きあさっていました。
そんな時、ちょうどJOY DIVISIONやHAPPY MONDAYSなどのマッドチェスタームーブメント辺りを聞いていた時に、サイケデリックトランスのレイブに友達に連れていってもらい、そこでカルチャーショックを受けました。
今まで、友達と集まって音楽聞くのって新宿のワイヤーやライブハウスしか知らなかった時だったので、レイブって事自体なんだかよく分からない状態で行ったのを覚えています。
それから毎週クラブに行くようになってアシッドハウスが大好きに。
中でもTB-303というROLANDのベースシンセから出る音が大好きで、その音を出してみたくなって、
とりあえず手頃なELECTRIBE SXという機材を買って、DTMを初めてみました。
色々な機材をMIDIで同期させて一斉にシーケンスが走り出すのって凄くドキドキします。
今はELECTRIBE SX、x0xb0x、TR-707、SH-101、JOMOX Mbase 01を使っています。
でもこの話しても誰もあんまり分かってもらえないです。。
僕の髪切ってくれてるサイドバーンの坂本くんだけこの話に乗ってくれるのがせめてもの救いです。。
あとは「さらば青春の光」。この映画にはファッション、音楽、クラブ、VESPA…など好きな物が全て詰まっていて、完全にこれに影響を受けて10年以上VESPAに乗っています。何回も観ているのに、たまに観たくなって観る度にあの初期衝動みたいなものを今でも忘れずに感じれて安心します。

・紹介者の Yo Onda 氏について

よう君はとても真面目な人だと思います。
僕もそうですが、自分のやりたい事の為に堅実にアシスタントを選び、自分のやりたい事を現実にしていく。
今の時代、下積みしなくても何だって出来るとは思いますし、下積みしたからといって自分のやりたい事だ出来る訳でもありません。
でもそれでもそれを選んでしかもちゃんと少しづつだけど前に進んでる。その姿勢が凄く好きです。

・次回紹介する人と、その人について

CYDERHOUSE デザイナー 岡本 裕治

この人は真面目な変態です。ユウジくんのクロスオーバー感はすごく未来的でクラシック。
コントラストの付け方にセンスを感じます。サイダーハウスもシーズンを追うごとにクオリティが上がっていて素敵。
展示会でいつも色々買ってしまいます。。。トップのポートレートで着ているライダースはサイダーハウスのオーダーメイドのライダースで、
ユウジくんとあれやこれや相談して作りました。これから何年もこの人のクリエイションが凄く楽しみで仕方ありません。

←vol.0029

vol.0031へ→

Relation archives

 

 

Stylist
Tatsuya Shimada/島田辰哉

http://tatsuyashimada.com

2007年 ファッションエディターのSHUN WATANABE氏に師事。
2008年 「VOGUE HOMMES JAPAN」創刊時よりアシスタントとして携わる。
2012年 5年9ヶ月のアシスタントを終え、12月独立。
2013年 国内外の雑誌、広告などでフリーランスのスタイリストとして活動中。

【Magazine】
VOGUE HOMMES JAPAN, VOGUE JAPAN, GQ JAPAN, numero TOKYO,NYLON JAPAN, PS, satellite voices(UK),
deluxx digital(UK), INDIE MAGAZINE, fiercive magazine

【Advertising】
UNIQLO, SHISEIDO, jouetie, GYDA, mame, LORINZA, Dummyhead Depaysemen, 22 OCTOBRE, MISS BOY, MID WEST,
TOMMY, O DAIKANYAMA, MEZLAD PSYZYE, Sky PerfecTV!, MORINAGA, POKKA, Meiji, Canon, SUZUKI

【Celebrity/Artist】
Kiko Mizuhara, Pierre Taki (DENKI GROOVE), HIROMIT$U (THE CHERRY COCKE$), バンドじゃないもん!